ABOUT

全国8つのこども医療センターへ CARRY THE SUNを寄贈しました。

購入頂いた分と同数のCARRY THE SUNを灯りの必要な人々へ届けるプロジェクト
「Buy One Give One」にご賛同いただきありがとうございます!

これまでは電気のない不便な生活をしている海外の地域や、
国内の被災地で電気が自由に使えず心細い想いをしている方々へCARRY THE SUNを届けてきました。

今回の寄贈先は、全国の8か所のこども医療センターです。
難病を抱え入退院を繰り返したり、何年も病院で生活している子ども達が全国には大勢います。
長期入院の子どもは通っていた学校も友達も生活全部が病院の中に移ります。
そんな子ども達に必要な遊びや心のケアを届けたり、付き添う家族には食事や休息を、と一生懸命支援をするボランティアの方々達が大勢います。
病気と闘う子ども達やその家族、またその人たちを支えている病院やボランティアの方々にCARRY THE SUNを寄贈させていただきました。

NPO法人「病気の子供支援ネット遊びのボランティア」
https://www.hospitalasobivol.jp/
こども病院ボランボラコの会
https://www.boranboraco.net/
を通し、全国の8つの子供医療センターに以下の通り
合計110個のキャリー・ザ・サンを届けました。

・大阪母子医療センター 3個
・沖縄県立南部医療センター・こども医療センター 10個
・神奈川県立こども医療センター 20個
・静岡県立こども病院 20個
・あいち小児保健医療総合センター 20個
・宮城県立こども病院 20個
・埼玉県立小児医療センター 7個
・福岡市立こども病院 10個

一部寄贈先からのお声をご紹介させていただきます。

 

【宮城県立こども病院ボランティアコーディネーターさん】
障害を持つ幼児の保育の時間にCarrytheSunを使って、視覚や嗅覚などの感覚的刺激空間を用いて
リラクゼーションを実践する「スヌーズレン」というものを行いました。
* 防水で拭ける素材なので衛生的でよい。
* 軽いので小さい子も手にしやすい。
* 明るさもちょうどよかった。
* スヌーズレン活動でも使いやすい。
* 電池がいらないのは良い。

 

【沖縄県立南部医療センター・こども医療センター ボランティアコーディネーターさん】
当院では昨日お楽しみ会と名打ってXmas会を行いました。
その会でソーラーランタンを使わせていただき、とても好評でした。
今回は色画用紙で箱を作ってその中にランタンを入れて文字が浮かび上がるようにしました。
皆様からの声を紹介します。
ソーラーなのでどこでも使えていいですね。
それぞれが点滅して存在感がありました。
コンパクトなので色んなイベントで活用できそう。
今までに無い飾り付けで素敵な雰囲気になりました。
などの声がありました。特にコンセントがいらないのは、
子どもたちの移動に安全で大変助かります。
今後も活用していきたいと思います。ありがとうございました。

 

【静岡県立こども病院 ボランティアコーディネーターさん】
当院では看護職員が使用させていただいています。
10病棟に2個ずつ配置しました。
夜間の見回りの時、ペンライトでは看護師の顔が見えず患者さんが不安に思うこともあったかもしれません。
ぽわっと広がるやさしいあかりなので、眠れない患者さんの枕元に置いても明るすぎることなく良いようです。
また、ソーラーで電源を必要としないので、防災備品として置いている病棟もあります。
装飾での利用も考えましたが、素晴らしい製品なので、実用的な利用方法をとらせていただきました。

 

公式オンラインストアで購入頂くと自動的に寄付できる「Buy One Give
One」という取組みを今後もドンドン拡大させて行きますので引き続きどうぞよろしくお願いいたします。